部屋がきれい

萌えを探求するブログです。日々について。部屋はきれいじゃないです。

円高の人生シーズン10

きゃりーぱみゅぱみゅがかっこいい

 

今日はあの色がやばいことで話題のおしゅし喫茶に行ってきました。それはさておき(別で記事にしたいと思います)

はやめに解散したので、都心にいるし服でも久しぶりに買おうかなとジーユー行ったんです。

ぜんぜんときめかねぇ

びっくりしちゃった。なんか、今期(シーズン?)のジーユーは柄物が一切なかった。つまんない。シャツばっか、すごいワイドパンツばっかでつまんなかったです。ただ今のわたしの好みに合わなかったというだけなので、お姉さんスタイルが好きな方にはめっちゃハマると思う

 

おそらく今、わたし自分の欲望に素直になっており、ファンシイなものしか受け付けないので、サンリオのパーカーとかじゃないとときめけません。おかしくなってる。何度目かのサブカルな季節がやってきました。

それに、はたと気づいたのは「今後9割スーツじゃん」です。私服を着る機会が減ります。じゃ~~さ~~~も~~さ~~~はーーーー。となって、がっかりして地元(この辺落ち着きすぎてもはやそう呼んでる)に戻ってきました。

で、最近のトレンドでも把握してやろうとファッション誌を立ち読みする目的で駅前の本屋に入ったら、ビジネス書の勢いにつかまってしまいました。

読むのをやめたら負けな気がしていいところまで立ち読みした挙句、買わなかった。

ていうか、別の本買っちゃった。

 

 

プロ野球語辞典: プロ野球にまつわる言葉をイラストと豆知識でカッキーンと読み解く
 

 

これプラス仕事用の勉強の本(意識高いだろうそうだろう)

 

今日は七時ごろ帰ってきてそっこーきゃりーちゃんの本を読み始めて、ぶっ通しでこの時間。0時です。

めっっっっちゃ面んんんんんんも白かった・・・これ絶対明日ともだちにすすめる。てか貸すな。おしつけたくなるくらいおもしろかった。

正直きゃりーちゃんについて思ってたことは、高2のときデビューアルバムをルームメイト(当時は同級生)といっしょにきいて、かわいいい~~~~つって流行に乗る目的で聞いてました。だから最近は正直「よく歌謡祭出てる人」と思ってました。謝りたい。ごめんなさい。そう思ってた5年間の間にもきゃりちゃんはずんずんといろいろ考え憤り連載に気持ちをぶつけてきたんだ、

他人がぼーっとしてるまに誰かは進んでゆくのだな。

 

それにしてもきゃりたんかっこいい。何考えてるかわからなかったんだけど、人間が見えた。めっちゃ好きになっちゃったんだけど。きゃりたんがそこまでしてるライブ私も行きたい。行きたい、今ツアーやってるのかな?!いまさらチケットとれるのかな?!?!

 

おこがましくも、自分と考え方似てるなと思った。私も変化球大好き 変化球しすぎて変化球しか投げられない人になった。王道も好きだけど、好きって言えない(最近は言えます)ツイッタ―大好きなとことか

ツイッターすきすぎてアカウントが複数あって、現実のお友達知り合い用のアカウントは大学の友達先輩後輩をはじめ、中学の同級生とか幼馴染もフォローしてくれてるんですよ

でね、中学の友達の前だと、やっぱ今の自分じゃなくてちょっと演じちゃうというか、なんか昔と変わりませんよアタシアピールをしちゃうから、「ツイッターみてドン引きされたらどうしよう」とか思ってて、結構きにしてツイートしてたんだけど、

それって、もう意味ないし疲れるからやめた。たった今やめた。むかしのともだちには今を好きになってもらいたいです。

 

紙媒体って自由なんだね。

 

 

はーもう一時なので寝ます。明日は夜まで休みだから有効活用しないといけない気がしてきた、だがしかし、野球辞典を読んでだらだらするだろうな。

 

最近ネット検索めんどくさくて。自分でその記事正しいのかどうか考えるのってめっちゃめんどくないですか。だったら信憑性の高いプロの書いた本読む方が早いわ。

 

服買わずに本を買ったのってここ数年の自分としてはめっちゃ革命的。何を差し置いても服を優先してきたからさ。ついに中身を磨こうというきもちが生まれて来たのかもしれない。23歳まであと3マンスだから。

 

メモ的・趣味できました

趣味できつつあります

 

半熟の趣味一覧

  • 野球観戦
  • バレー観戦
  • 囲碁
  • 声優さん

 

完熟の趣味

  • 雑貨屋にとびこむ
  • 古着屋で心行くまで漁る
  • ピュ―ロランド
  • ブログ
  • 好きな音楽みつける
  • なにかを猛烈に収集する
  • 原付でカラオケ
  • Kpop・地下アイドルをナナメから応援

 

半熟の趣味に関しては、まだ熟すかどうか決めかねているのでいわゆるミーハー、にわかです。でも趣味の初めってそんなもんだろ。

 

囲碁難しい、でもやりたい練習したい。だれか教えてくれる人がいないとできない。対戦するに至らないから、初心者向けで対戦相手がパソコンのアプリを探してる

人とやれないまだ

 

野球はあの~なぜか妹が最近はまってて、一緒にルールから勉強してる。ポジションのなまえをようやく覚えた。あと応援する選手も決めた。初めの一歩ふんだ。

バレーもその段階。声優さんもとにかく声と名前、顔をおぼえてるところ

 

この投稿を見返した時には完熟になっていますように

萌え論終章—生きる目的

絶ピュ

 

「私たちは(軽率な仲間意識)絶対にピューロランドに行くべき」略して「絶ピュ」です。

子どもの頃に行ったのは一度だけ、大人になってからの方がはるかに行ってる。年パス購入を本気で悩む。

 

ピューロランドの魅力はふれあいの一言に尽きる。

 

2大ふれあいの一つ目がまず、イケメンとのふれあい

 

近年サンリオがはまってるであろう萌え事業。そのひとつが「ねずみ男子」と呼ばれるショー。

ピューロランドのシアターで、イケメン若手俳優とマイメロディのみが出演するショーが毎日行われている。

これがまたちょうどいいオタクホイホイ。舞台と客席の垣根があまりなく、お兄さんたちがさらっと客席に降りてきたり、すきあらば客席を駆け巡ったりして常に近い距離にいるので、何とも言えない、多幸感・・・・・・ハイタッチでイケメンの手汗を感じたり、ものすごい至近距離で手を振って微笑んでもらったり、最高です、最高以外の言葉が見当たらない

 

若手俳優ってただでさえ星の数ほどいるし、写真見ただけじゃ「へーたいしてかっこよくねーな」とか思うじゃん、思うわけよ正直な消費者だから

だけど、生はアカン。生で見たらみんな好きになっちゃう。地下アイドルの時と同じ事をおもいました。2年くらい在宅としてやってきてる身には・・・幸せが・・・あふれて・・・身に余る光栄です

🎀もっとふれあうコツ🎀

遅くてもショー開演30分前には並び始めましょう。イケメンに触れる席に座れません。おすすめ席は、最前列はいわずもがな、二階の通路前の席です。目の前が通路=イケメンが通るので、ハイタッチしまくり、ジョージもロベルトもハンスも来ます。前に席がないので曲中のフリも一緒にできます。いっぱい踊っていっぱい手を振ってファンサ釣りまくろう。

 

 

そして2大ふれあいもう一つは、キャラクターグリーティング

 

みなさん、なめてませんか?たかが記念撮影とか思ってません?

 

このダメウーマン!!

 

ピューロランドのキャラクターグリーティングは、拘束時間がけっこう長いです。一人一枚しか撮影できないのですが、それ以外の時間は握手あり、おはなしあり、ハグありです。※撮影してくれるスタッフによっては、このハグやお話の時間も写真撮ってくれる場合があります。すき

特にハグ。自分より圧倒的に大きいもこもこの生き物にハグされるって、おとなになったらそうそうないじゃないですか、これはきっと胎内だ、おかあさんの胎内なんです。だからこんなに安心するんだ。セロトニンだ、抱擁感宇宙一。

おすすめは、自分よりも背の高い、手がアンパンマン系の(指が見えてない)キャラかな。いちばん胎内です。フワモコ。ポチャッコがいまキャラグリ界ナンバーワン。

ポチャッコにハグされたときの、感情たるや。ほんと、なんだろう。このために生きてる、と思える。大好き。言葉にできないほどハッピーを感じます。

 

ピュ―ロ帰りの興奮している私。どちらも別の日でその時はキャラより日程優先で行ったので調べてなかった。なのに会えて、たぶん運命の人だと思う

🎀もっとふれあうコツ🎀

ピューロランドのホームページでその日会えるキャラクターが分かるのでチェックしてからいきましょう。キャラグリスケジュールたてて効率的に抱かれに行こう。

www.puroland.jp

ホームページ>本日のスケジュール>キャラクターグリーティング です。

 

 

というかピューロランドは基本ものすごい事前リサーチ大切。誰かのバースデーイベントや、キャラグリのキャラや時間場所、ショーの開演時間も毎日異なります。サンリオは我々の愛を試している。愛はリサーチに表れます。

 

 ああピュ―ロ狂いになりたい。ミラクルギフトパレード、泣くほど好きなんです。わかりやすいストーリー、心を打たれる。

 

年パス買うしかない。

 

たン   し

いタ大  ょ

で|き  う

すにく 四ら

。マな 年い

 ンっ 桜の

 シた 組ゆ

 ョら  め

 ン、 ○

 を多 ○

 買摩 ○

 いセ ○

 

菩薩への道

 

 

  1. 嫌なやつとは付き合わなくていい
  2. 八方美人をやめろ

 

これが、世間の、楽になる秘訣ですが、私としてはやはり、やはり違和感でした。

きらいなやつでもいっしょにいて楽しい瞬間も、メリット(あー言った)もあるわけです

 

ちょっともったいないと思う、見切りつけるのって。「いい人だと思われたい」も「嫌われる勇気がない」もあるけど、もう一個要素があって、「付き合いをやめたらいま楽しいのももうなかったことになるんだ、さーみし」ってきもち

それにホントはいい奴なんだよな、って人を嫌いになるのって難しい。いいところ見てわるいところに感覚をむけないようにすればいいのに、ただそれだけなのに

見えちゃうときはもう無理とおもうけどさ。

 

超キライ顔も見たくないやつ、いま思い浮かぶけど、仲良くするきっかけがあれば会いたいと思えるようになってきた。

で、いま会えてる方に関しては好きになれるような付き合い方または折り合いの付け方を考えてゆきたいです。

 

 

なんといっても、好きな人の分だけ幸せがふえる気がするから。あ~この人も好き、この人も好き、この人も!というのを何度か繰り返すと「あれ?みんな好きじゃん?ハッピーじゃん?」と思えてくるから良い。

 

 

こんなことをおもえているのはわたしはたぶん今疲れていないんだろうな。

カルテット終わっちゃった助けて

助けて

 

助けてくれ・・・じたばた、一定の時間じたばたしてツイートして気持ちをおさめた次第です。

 

カルテットの最終回見ました。近年久方ぶりに全部まじめにそして楽しみに観ていたドラマだった。台詞暗記したい好き、一人でカルテットオフ会してる。あれぇ~。

 

カルテットをみてから、居酒屋でレモンを見るたびに、友人たちがどんな反応をするか気にするようになってしまった。

「あ、レモンだ」と私が言い、「きらい?」とか「大丈夫?」とか言ってくれるひとはただのやさしいともだち、「あ~~~(笑)」は99%カルテット仲間。この人にはカルテットの話題振れるってのと、もしかしたら趣味が合うかもしれない、ということが分かります。レモン踏み絵。

 

 

それとそれと、満島ひかりのことがもっと好きになりました。好き・・・・・・

好きな女優さんを聞かれたらまっさきに挙げる。いちばんとはいえない、一番が決められないから、一番に近いくらい好き。

満島ひかりが男装した時がめちゃくちゃイケメンでさ、もーさ、それで惚れたんだけれど、すずめちゃんな満島ひかりも惚れました、キャラクターとして愛してる

 

 

カルテットのテーマが何だったのかよくわからないけど、恋の事も結婚のことも、夢のこと仕事の事嘘秘密の事共同生活のこと、なんかいろいろ考えた。ありがとう。

 

週一の楽しみがあるとこんなに生活輝くのかしら。どうしようかしら終わっちゃったら。終わっちゃったら、、どうしようかしら。いま改めて終わっちゃったことに気付いて、来週からどうしようかと思ってる。

 

 

 

 

最終回の感想

 

まきさん、カルテットのみんなに出会ってからちょっと素直になったのかなアと思った。3人がおびき出して、それにちゃんとつられて最後まできいて軽井沢に戻って。

そんなにすなおな人だったんだ。

 

アリスちゃんの突然のクビは、再登場をより鮮烈なものにした・・・「人生、チョロかった、あははは!」

 

 

今回はどのシーンで泣くかなと思っていたけれど、すずめちゃんが「まきさん連れて帰る」ってだきしめて、家森さんが重ねて抱きしめて、そこが涙スイッチだった。まきさん~~~~~~~かえってきてよ~~~~~~て

感想終わり

 

 

ありのままのということで

現実離れした設定で、こんなふうにうまくいくなんてきっと現実じゃ、なくて、最終回笑えるようにフリーターになるなんて現実じゃ無理だろうけど、こういう生き方肯定してくれるひともいるかも、と思った。わたしがなんとなく受け入れられたから。

 

・・・というのは、ドラマの話だからであり、実際ね、正直、夢追い人とニートは・・・あの・・・ちょっと待ってと思う

 

わたし耐えられない気がするフリーターとか。しかもめちゃくちゃド安定をもとめて就職した。気づいちゃった。結果的に就活の軸そこだったんだわ。

捨てられない。捨てたいんだけど、捨てられない。 

ほんとは浮世離れしたい、安定ポイっまーきの

 

そういうふうにド安定のOLになろうとしてるくせに浮世離れしたいがゆえ(かどうかはわからないけど)、趣味がどんどん幼児返りしている。プリキュアピュ―ロSWIMMERファンシーポップどっかーん!ぐるぐるぐるぐるどっか――ン!からおけでプリキュアの歌うたってるしゅんかんが一番幸せ!

 

 

 

・・・いっか、まあいっか。私の生き方はそれです。愛されるべき人に愛されて、幸せに生きているので、大丈夫。骨付きカルビかじりながら電柱蹴飛ばして歩くの

 

つらいときにこの蓋をあけて、2017年3月末の私はカルテットをたのしみまいにち遊ぶ予定をいれて暮らしています。こんな日がまたくる。

今日引いたおみくじの二十五番をここに記します。ポジティブ!

f:id:zaijian3:20170323001903j:plain

この人は望み事成就するとき来たり、運勢ひらけかかれり、ほどなく立身出世して楽しむこともあれば、気を長くして何なりと我が身にふさわしき仕事に力を入れれば人の引き立てにより立身す

 

大卒したときの気持ち

2017ねん3/20大学を卒業した。卒業できた。底辺の成績で留年をさまよい、救出してもらった。

 

さよならもありがとうも言い過ぎて飽きた。

大学を卒業したら涙が出て仕方のないことだろうと思ってたけど、一番泣いたのって小学校の卒業式かもしれない。あのときは一度の別れは今生の別れだと思ってた。

今や別れはもう重くない。時代のせいか、遠くても自力で会いにいける力がついたせいか、わからないけど

 

とにかく今は、おろしたてのくつのせいで足がとてもイッタイので帰って寝たい マッサージしてもらいたい ボキボキと

 

 

学科の友達、ゼロに近い数しかいないから(といっても他学科の友達だって仲がいいだけで数えるほどしかいない)今日の学科団体行動どうなるかと思ったけどなんとかなった。やっぱりさみしんぼうは最後まで誰かと一緒にいたかった。ゼミが二人ボッチでお互い友達少なくてよかった

 

 

今日一日とてもハプニングつづきで、小さいことからあげていけば到着が早すぎてあれよあれよと着付けとヘアメイクがおわってしまった、🍑だった、手荷物がなくなる、ホールでペットボトルのお水を飲もうとしたら床に落っことして行方知れず、サークル全員揃って写真がとれない、ワインを久しぶりに飲んだら気持ち悪くなって四回もトイレ、、

 

はー楽しかった。途中でこれはもしかしてハプニングとしてたのしんだほうがいいんじゃないかと思って。私は、わたしの人生はラッキーでハッピーなこと間違いないと思ってるので、ちいさなハッピーを見逃さない、いまハッピー!またハッピー!ん?ハッピー!くらいのテンション

 

それくらいのテンションの人間でよかったね。

間違いなく大学の四年間でこうなった、ラッキー人間だと自覚したのが大学入ってからだったとおもう

 

なぜここまでがらりと考え方が変わったんだろう。いつからハッピー思考になったのだろう。

 

萌えへの探求は尽きないし、人格形成も悟りへも諦めていないので、これからも人生は続く。
f:id:zaijian3:20170320231728j:image

 愛すべき同期とともに。右端が私。

ちがいのわかるおとな

だれが孤独死を悪いものだと決めたんだ?!

 

カルテット9話を観ました。ぼろぼろ泣いてしまった。苦しかった。まきさんの気持ちが染みてきて、苦しくなってしまった。

ありすちゃんが急にくびになったのは何かの伏線なのか、ただ最終回には邪魔だから捨てられたのか、気になってしまった

ああ来週終わっちゃうね、とってもさみしい。こんなにドラマにはまったの久しぶりかもしれない、こんなに「はやく火曜日こい」と思いながら生活したことはない。楽しみなドラマはあったけどここまでじゃなかった。

 

まきさんの嘘の話だけじゃなくて、やりたいことの話もしていて、とても響いた。

やりたいことを今やろう、やらなくちゃ、やれる日はこない、

別府君の、「孤独死上等」というセリフ、消化しています。モグモグ、ああ、そうだ、たしかに、孤独死の何が悪いのか

 

勝手に死んで、後のことは知らない、だって死んだあとは何も残らない

死んだ後のことを心配してどうするのよ、ね。

ぶっちゃけ供養するとかされるとか、祟りとか、死んだ側からしたら知らんこっちゃないわな、いい迷惑だろう、迷惑というかそもそもそう思う主体はいない、「迷惑だろうな」と思う現世の私たちしか存在していない

 

 

あーーーすっきりした、ちょっと。

 

すっきりといえばもうひとつ

私はたいていのひとに「明るい人」って思われている。

でもこのあいだルームメートのママから、「暗い」って言われて(悪口でも何でもなく、ただただ)、いままでかくしてきた真実が照らされてしまった気持ちがした。同時に救われた気もした。

私は暗いんだ。そっか、そうか暗いんだ。だから人とうまくいかないことがあるんだ

 

自分の中で「明るい人」=「コミュニケーション上手」「話し上手」「面白い」

という方程式があって、まわりの思う通り自分を明るい人だと思っているから、上の3項目が達成されないときにアイデンティティの崩れ落ちるおとを聞いていた。「私だめだ」っていう感じ

 

でも私、暗いから、ノット明るい人だから、うまくいかないの当たり前のことだったんだな。あー、ホッと。すっきり。レモン。

 

ちがうってわかること大事だねぇ