部屋がきれい

萌えを探求するブログです。日々について。部屋はきれいじゃないです。

私の幸せについて、もう発見した

じぶんの思い通りになって何がいいんだろう

 

ひとはみな王様になりたいんだろうな

 

はやくけっこんしろとか、もう少しあか抜けた方が良いとか、其の人に即効の得はないのに、そういうことをいうのってやっぱり支配欲なのかな~。うちだって、そういう親戚に囲まれて生きて来た

 

 

いろいろな偶然とかが重なって、上京することができたのはありがたい。

帰省して戻るとき、家族とさようならするのってさみしいんだけど、自分ちに帰ってくるととっても安心する

いごこちがいい

 

こうやって、自分の城にいるのが一番落ち着く

 

今日は筆が乗る~~~~毎日家に帰ってくると何も手につかなくて、ついでに言い訳をすると、ヨーグルトをキーボードにこぼしちゃってMとNとスペースキーが押しにくくて、という事件もあってなかなかブログ書くの億劫だったんだ

 

やっぱり私上司がいるのムリだ

導いてくれる存在て言うのは必要だけど、毎日会うのが本当にストレスで仕方がない

 

あーあ言っちゃった

 

じゃあ改善しないといけないよね

 

先輩にはお世話になりっぱなしだから、離れたくないんだけどな。どうすっぺな。

 

 

 

長く続けることはそれだけで難しいことだから尊敬に値する。

けど続けることだけが正しさではない

 

だから、折り合いつけないといけないと思う、わたしの修行僧思考とは。

 

書く人になるには?なにを行動すればいいかな。

ブログは楽ですよとか人に言っといてね。ブログは確かに楽

作文書いてくださいと言われて、書くだけならいくらでも書ける。

 

作文じゃなくて小論文とか、論文書くの苦手なんだ~。小説とかもどうしたらいいのかわかんない。妄想だったら書けると思う、でも抽象的な観念の空想小説だったら、私が読んで満足じゃ、お金稼げないもんね

 

すきなことして生きていきたいんだよ。やっぱり、どんなに生きていても仕事をしている時間が一番長いわけだから。好きなことが仕事になるのが一番幸せだと思う。

分かった。私の幸せは好きなことを仕事にすることだ。なんだこんな簡単なことだったか・・・。新年早々に発見した。

 

だったらやっぱり、今年の目標は頑張らないとね。

覚えていられると良いね。

 

 

 

2018年はジェダイになりたい

31日、大掃除をしていたら日記を見つけた。

大学時代の日記、そして後ろの方に2017年の1月2日にかいた日記が合って、そこには目標が書いてあった

 

何だったと思いますか。

 

「すぐやる」

 

はいできなかった~~~。

でも振り返るというイベントが発生するから、目標は決めておいて損はないかもなと思った。だから今年も目標を決める。

 

今年の目標は、人生でやりたいことを明確にする

明確にするために、興味のあることは自分で体験するようにする

自分で体験する時間を作るために、時間をうまく使えるようになる

です

 

昨年は、発信用のTwitterアカウントを作ったり、今まではこっそり用のアカウントでつぶやいてた社会的な考察も、お友達が見てるアカウントで発言してみたり、今までよりも外にむけて活動できたんじゃないかと思う

私にとってはとっても大きな一歩が踏み出せた

仕事については、初めての一年だったから、迷いがすごかったし

それが今年はすこしなれるかな。落ち着くかな。

 

時間の使い方と、それによって付き合う人間関係も洗練されてきたと思う

そこは継続していきたい。

 

 

私は変わりたい願望が強いくせに、変わる苦しみが耐えられないの

ううんでも、変わることがワクワクする時もあったよ。

急に変わろうとするからそうなるんだと思う おちついて!

 

内向型と外向型ってあるらしいね。私は内向型みたいです。

 

社交的だねって言われる人には言われるけど、そういう人に憧れがあるからめちゃくちゃ無理して、そういう雰囲気でやってる。だけど、雰囲気でごまかしてるから大事なときにできない。がたがた崩れる

 

 

一年の終わりに、こんな気持ちでいるなんて想像もつかなかったので、ことしのこと想像するだけ杞憂で終わるんだろうな。

どんなことしてるかな。

 

昔の自分が悩んでることって、今の自分にとっては「そんなことで?!?!」ってちょっと面白いから、今の悩みを書いておくと

 

ニガテな人とも仲良くするVS苦手な人はさっさと切り捨てる

仕事を修行だと思って3年はやるVSストレスは早めに捨てる

 

です。なんて究極なんだろう。

 

考え考え、考えすぎて、診断やったんだけどね、

みてこれ

f:id:zaijian3:20180104004011p:plain

 

こういうことよ。すいませんね、考えるのが好きで。

 

じぶんに嘘つくのって、よくないんじゃないかな。私は何に対して懺悔しているんだろう。何に対して畏れていて、修行をしなければと思っているんだろうか。

 

おそれをなくしたい!!!!

 

フォースと共にありたい。今年からパダワンです。マスターがいね~~~~。

スター・ウォーズを観れて嬉しかった人のブログ

やった~~!!!!超楽しかった~~!!!!

スター・ウォーズサイコーって試写会で叫ぶ人になれる。

 

スペースオペラの一員になれて嬉しいのが一番、

いままではスター・ウォーズみたことなくて、わかんなかったから、巷で騒いでてもへーーーーだったけど

 

お祭りに参加できるって嬉しいね

 

長くて見るの大変ていうりゆうで見てないだけの作品一杯あって、特に漫画。名作と言われてるもの。

 

私は、インプットが趣味だなってきづいた。突き詰めていけば、それが好きな行為なんだと思う。

 

だから勉強も好き

 

それを何かに生かせない。

生かそうという気がないことは事実である

 

 

それはさておき!じぶんのことはさておき!

きのむくままにすべてをかく、それだけの感想

ネタバレあり⬇️

 

starwars.disney.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スター・ウォーズ8も、なかなか冒険物語だったー。ずっと善と悪、光と闇の二項対立で、けどカイロレンという存在がそこをうやむやにしていく・・・。カイロレンがやりたいことって何なんだろう。スノークについていくだけじゃ叶わなかったこと。ルークを殺すこと?それだけ?それ完了しちゃった先の事考えてんの?(ママ目線)

 

フィンは元気でホッとしたけど、ローズとフィンって新しい人間関係が生まれ、レイとカイロレンのある意味絆も深まり、

複雑になってきちゃったな~~。二作目だから3に向けていろいろひっかきまわした感じ。

 

今回しか出てこなかった提督のあねさんいいやつだった、ポーのことを「問題児です、でも好きです」って言うシーンな!

キャリーフィッシャー亡くなって、次はレイア姫出ないらしいけど展開的にむずない?

7からますますレイア姫の存在感はんぱないし、核なかんじもするし、、

あのあねさん提督に変わっちゃうのかと思ったらさみしかったもん。このままレイア姫死んで次出なくてもも違和感ないようにするのかと思ったし

 

なんかさ。 レイもカイロレンもフィンも、JKくらいにみえるんだよね、いろいろと若い。まあアナキンだってルークだって、そんなかんじだったわな、そういえば。

 単に思春期の迷いなんじゃないかなって思うのね

カイロレンとか特に。ゆらゆらゆらゆらしてスノーク倒したときはおっ正気になったなと思ったけど、めっちゃこじらせてるから笑うしかなかった。

それにしても、ルークってその年になってもマスターになれなかったのかな、結局は。恐れを消すことができなかったんだ。ベンソロ殺そうとしたなんて

どうかしてたんだと思う。どれだけ不安だったんだろう。

今回の肝だと思う、カイロレンとレイの通信シーン、突然始まってわけわからんかったけど良かった、ああいうの好きだわ 。心を開いていく感じ。だから余計にカイロレンおかえりムードだったのにさ~~~~。

ほんとカイロレン、帰っておいでよ、、必ず帰っておいで!ジェダイは滅びない、形を変えても。ママ怒らないからおねがい

 

カイロレン(T_T)好き超かっこいい、、こないだずっとマスクしてたけどはずすことになったのはあれですか?顔ペンへの配慮??ありがとうほんとに

 

ciatr.jp

やだやだ~アダムドライバー見たいからもう一回いく~~~(´;ω;`)だって7見てもほとんど顔でないんだもん~~やだやだ~~~

 

 

ポーもっとスマートなキャラだと思ってたから、今回の暴れん坊具合に拍子抜けした

わたしの読みが甘かったんや...

おばかさんが!!!って気分 

ポーとフィンとローズが一緒にいることが多かったけど、さすがアメリカやな、って思ってしまった。アメリカの映画じゃなかったら、日本の映画だったら本当のグローバルはできなかったんじゃないかな。

 

 

 

 

最後の戦闘シーン 演出すごいかっこよかったな~~ーー!鉱石の惑星で、塩のしたは真っ赤な石の地面で。戦いのあとが血みたいで。

 

スピンオフを見よう

ますます9たのしみだよ。その前に私はスピンオフを全部見るよ。

いま反乱者たちを観てる。シーズン1は観終わった。この反乱者たちは4の手前の話を描いたものなんだよね。反乱軍の誕生について。

 

反乱者たちも未熟者がたくさん出てきて、心揺さぶってくるよ。

ヘラくらいかな大人なのは。ケイナンもマスターとしてエズラと一緒に成長していくの。だけどケイナンは、自分の未熟さもエズラのおかげで受け入れられて、一緒に成長することになにも恥じない、失敗しても恐れない。かっこいい!!!

 

おそれをなくしたい。とってもむずかしいから、ジェダイになるのは難しい。

 

 

ローグワンも観たいで~~~す!!!ローグワンも4の前の話らしい。どんだけ反乱軍好きなのみんな。

 

毎年新しいものにハマって、忘れて、思い出して、ってしてるな

スター・ウォーズ好きになってほんとに良かった、、日常が輝くよ、人気者を好きになることの利点コレ

占い🔮への気持ち

手相占いに行ってきた。

 

毎日のランキング占いは苦手なんだけど、心理テストとか占いとか好きだなーって思った今年。占い好きを解放した。自己分析するのが好き。

 

こういうのはやった人じゃないと、信じるとか信じないは語っちゃいけない

なんでも自分でやりたい、2歳児か

 

言われたこと

  • 感情線が乱れてるけどもう少しで人間関係が落ち着く
  • 25くらいで仕事に転機がある(転職か異動)
  • いまの仕事向いてない(向いてないって言ってもらえてなぜだかホッとした)
  • 仕事線が途中できれてるから専業主婦になるかも(意外すぎた)
  • 30で結婚する人はあんまよくない
  • お母さんがわたしのことを怒りきれなくて中途半端なところがある(まあそういわれてみれば、中学の前に死んじゃったしそうかもね)

だって

ビシビシ言ってきて、受け止めるのに必死だった。

占い師がインチキだとしても、人のこと見て瞬時にそれっぽいこと言うのって技術いるよね。そういうパフォーマンスを見に行ってると思うと、占いも面白い。

 

占いは私を否定しない、占いは起こり得る事柄を伝えてくれるだけだからアドバイスと違って優しい、だから好きなんだ。

じぶんのこと好きで居続けるのをやめない。

 

 

なにがしたいのか、私


何となくいまは人生の完成形じゃない気がする。

どうなったら、なにをしたら幸せと思えるのか

 

バリキャリになりたいって言ってたのは、実は、無理してました。自分の声をよくきいたら、すごいくず発言してたんだけど聴いた手前忘れたら私がかわいそうだから書いておくね

 

私「わたしは仕事をしない状態が、一番幸せ!」

 

わーあステキ

物思いにふける時間が一番幸せだってことに気づいた

 

お出掛けも好き

 

どうやったら、時間をもて余す人間になれるか。わたしは長生きしたいのであと77年、どう生きるか。俺たちはどう生きるか。

 

幸せなとき~

朝日を浴びながら布団の上にいるとき

寒いなかポッケに手をつっこんで 散歩してるとき

立ち読みしてるとき

知らない人と仲良くなる瞬間

 

仕事のせいで、どんな接客がうれしいかとか、はじめましての人ともしゃべれるようになった(仕事だと思えばできる)

大学生のときから仲良くしている後輩のお陰で、ゆっくりゆっくり話す人の言葉を待てるようになった。 

 

着実に成長しているじゃない‼️

いま修行なんだと思う、思おう、続けるということは何よりも難しい(=ずっとつづくものはない) 

 

修行を経て、満足行く人間になったら、どういう人生になるかな~。

 

 

おさななじみ・4

🎸ちゃん編後編 

 

🎸ちゃん編前編

 

 

zaijian3.hatenablog.com

 

 

私は高校一年のおわり頃から、がっこうを休みがちになった。

理由は部活に行きたくないから。部活の人の顔を見たくないから。

どうしても合わない子が同じ楽器で、自分がへたくそなのもほんとに嫌で、そんだけ。そんだけのことがめちゃくちゃつらかった。

 

うちまで来てくれて、学校行こうよって説得してくれた。

(そのときなぜかついてきたただのクラスメイトが、いまのルームメイト)

 

私は結局部活をやめて、今まで通り、、

いや今までよりはちょっとサボりながら学校に通った。

🎸ちゃんは引退まで部活を続けた。

そこがちょっとした分かれ道だったと思う。

🎸ちゃんは部活を一生懸命やってて、私は暇になってさらに友達がいなくなって、

本ばっかり読んでた。

3年生になるとクラスも別れちゃって、遊ぶ回数も減った。

 

びみょ~にきょりがあっても、カラオケが二人とも好きだったから、

部活のない日に学校の近くのカラオケ行ってフリータイムでえんえんと歌ってた。

そのときにバンドとか音楽いろいろ教えてもらった。

 

いまでも好きなWEAVER


WEAVER 「僕らの永遠~何度生まれ変わっても手を繋ぎたいだけの愛だから~」PV

 

YUIも🎸ちゃんに教わった。こないだはAimerを教えてもらった。

 

 

卒業して、🎸ちゃんは地元の大学に、私は東京に来た。

私が東京が楽しくて、地元にほとんど戻らなかった。

だから久しぶりに再会したのは成人式だった。

メガネじゃなくなってて、まつ毛の長さがきわだってて美人発揮してた。

 

 

東京に遊びに来てくれた時、

「東京、私は住めないかも」

って言われてがっかりしたのを忘れられない。

わたしのすきが🎸ちゃんのすきじゃなくなっちゃったんだ・・・と思って。

でも今は東京にたくさんあそびにきてくれてるし、人は変わるんだなって思ってる。

 

 

🎸ちゃんのすきな所はブレないところ。好きなものがずっと変わらなくて、好きと好きじゃないをちゃんと言ってくれる。あとサラサラヘア~。

そして大学時代も音楽を続けてた彼女は、歌がうまい。冗談じゃねえぞ、ってくらい

ただうまいんじゃなくてアンニュイな感じで…わかります?!

紅一点バンドのボーカルやってほしい。それかギター弾き語り。

 

  

いま月一で遊んでる。おさななじみでもあるし、ふつうに友達 

特別だけど特別じゃない感じ。なんの気兼ねなしに遊べる。

しゃべんなきゃとかそういうのなくて。

 

まあ喋んなきゃと思ったところで喋れたためしがないけどね

 

お客さんだと思うと喋れるんだけどな~~~~う~~~~ん。

 

 

 

おさななじみ編は以上です。名前が付くと安心するのあるよね。

おさななじみ・3

🎸ちゃん

 

🎸ちゃんとの出会いは、中学校の部活だった。

二年生でクラスも一緒になって、同じ匂いを感じた、このひともオタク気質だ・・・って。それから安心しちゃって、よく遊ぶようになった。志望校とかのレベルもおなじだったから、勉強を教えてもらったりもしてた。

 

もっと仲良くなったのは二年生の後半からだと思う。

 

平面で表わすの難しいんだけど、うちの中学は

 

   指揮者

フルート・クラリネット      

サックス・クラリネット     パー

木管低音・クラリネット    カッ

金管低音・ホルン      ション

トロンボーランペット

 

こう。

わたしはトロンボーンで、🎸ちゃんはトランペットだった。

先輩が真ん中になるようにして順に外側に座っていく席順だったので、

二年の後半で先輩が引退するとわたしたちはお隣になった。

上の図で言うと私がで🎸ちゃんは

 

お隣になってから、何でも話すようになった。いつも隣にいる安心感!

 

🎸ちゃんは受験の時いちばん助けてもらった。励まし合って、お互い目指す高校はちがかったけど、絶対受かろう!って頑張って

 

 

けど

 

結局二人とも落ち、

 

まさかの、お試しで受けた同じ私立に受かり、しかも同じ中学からそこに行く女子は私と🎸ちゃんだけだった。

めちゃめちゃ絆が生まれた。

 

高校に受かってから最初の一年間はずーっと一緒にいた。同じ部活に入って、厳しい練習のあと一緒に帰って、朝練も一緒に行って、昼練も一緒に行くしほんとずっと一緒。

 

 

 

だけど高校一年生の終わりごろ、私は学校に行かなくなった。

 

つづく

 

 

zaijian3.hatenablog.com

 

 

 

どらまちっくなかんじだけどようするにサボり 

 

ライバルたち

妹のそつてんにいってきた

ぜったいにこの日は死守しようと何ヵ月も前からこの週末を守って生きてきた。じつは。

 

講評されてるのをきけるなんて、なかなかみられないし、そつてんは人生でたった一度きり、

 

あの泣き虫が頑張ってきたすべてがここで見られるのだと思ったら、

 

仕事はあれなんだけど、しごとなんかより私の人生私の特別な人生に妹のそつてんを見ることは釘を打つように刻まれるから

 

とにかくつまりとてもいちだいいべんとだった。

 

 

パンフレットにのっていたキャプションを読んでワッて涙が出てきて、

講評のために絵の説明を、台本もなく、わき出てくる自分の言葉でしゃべる妹を見たら、

なんかね~。泣いたよ~。お遊戯会で親がなくきもち、運動会で親がなくきもち、それ、それそれ

 

妹が第三者に評価されているのを初めてきけた。先生たちはもう講評というよりか、生徒たちの絵をどう見るかというコメントをしてくれた。

 

妹の絵のテーマは見るものに伝わるかどうかはわからないけど、見るものに訴えかける強さがあって

それこそ美術の意味というか。絵がある意味を問いかけるような作品ということだった。

 

あの家でダッラダラしてる、ものをよくなくす、あの妹が、このえをかいたこの人だとは信じられない。

 

芸能人の家族とかこんな気持ちなんじゃないかなって思った

 

妹の強みは好きなことをやるという選択をしたこと

絵を描くということを、とやかく言ってくる世の中に負けなかった

 

誇らしさしかない。強いなぁ。

やるか、やらないかという選択なんだけど、それはまったく交わらない大きな選択で、すんなりやる方を選び、やりつづけていくほうをえらび、尊敬してる。

 

 

妹のしたの妹にも、そういうやりたいことがあったらやってほしいなぁと思う。まだ聞いたことないけど

それが普通だと思う

 

わたしはわたしのことを誇らしく思えないと、綾瀬はるかみたく愛する私へって言えないと、と思う

他人に明け渡してる場合じゃない

 

それなりに自分が主人公の人生楽しくやってるけどさ

 

新しいステージをどんどん開拓していかなきゃつまんないなーってことは思ってる

 

刺激を受け続けたい

 

 

頑張る人を見るとなぜ頑張ろって思えるんだろうねぇ。

したの妹も、私の血縁なんですかっていうくらい、尊敬してる

尊敬っていうかスゴすぎて、ほんとなんで身内なんだろうっていうくらい

 

分かりやすく言うとギャル、ヒエラルキー上層の

 

美意識高くて、贔屓目じゃなくても可愛い

それなりに反抗期だけど気が利くし、中学生にして元彼がいるし、わたしが学生時代にもってなかったほしかったものをもってる

 

あんまりなやみをいってこない。

上の妹はなんかあるとぜったい電話かけたりなんだりしてくるからわかりやすい

 

どうやって解決してるんだろ、スゴいわ

 

 

 

妹たちと私は全く似てないと思いつつも、

私たち家族のおかしいところにこのとしになってやっと気づいた

 

食い意地がスゴい

 

報告は以上です