読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋がきれい

萌えを探求するブログです。日々について。部屋はきれいじゃないです。

ヒーローの気持ち

旅行記かくの楽しいな~ルンルン。

 

いつもはひとに気使って、言いたいことも自分の事ばかりも言えないけれど、

ブログだったらいくら自分語りしても怒られないしね。

 

楽しい・・・。どんどん独りよがりになっていく。

 

海外旅行に二回も行って、決意したことがある。

これからは、外国人旅行客にはめっちゃ優しくしよう。

 

なぜかというと、、

台湾の地下鉄で、改札に入れなくなった。

ピピって鳴ったのかどうかわからなくて、二回タッチしてしまったのだ。そしたら画面にバツの文字、開かない改札、オーマイガー!!!

 

とにもかくにも、改札を突破しなくては、旅行が進まない。

すでに親友は改札を抜けてしまったから、私も入らないと。どうにもできない。

 

駅のカウンターに行っても、うまいこと説明できなくて、勘違いされて解除してもらえなかった。

 

あたふたしてたら、台湾人のおばちゃんが、助けてくれた。

身振り手振りで、「このカード、タッチしたんだけど入れない」と伝えたら、カードをもって駅員さんに説明してくれた。

 

そして駅員さんがいろいろ解除してくれて、無事に改札に入ることができた。

そのおばちゃんはサッと行ってしまったけど、なんどお礼をしても足りないくらい。

 

泣きそうだったから、嬉しかった。

 

 

 

そして日本に帰ってきて、昨日のこと。

 

わたしが地下鉄の新宿駅でチャージしていた時。

となりにアジア系の外国人のカップルがいた。路線図をみてなんやかや言っている。

 

私が買い終わると、「エクスキューズミー」と声をかけられた。

 

戸惑った。やばい、私はまったく英語ができない。いままでも単語の連続で何とか乗り越えてきた。

 

だけど、だけど!

 

海外では、現地の人に頼るしかない。このカップルはきっと、ずっとここで路線図とにらめっこして、不安で仕方ないんだろう。

 

現地民、やったるぞ!よし!

 

 

その葛藤を一秒とかからず終えた私は、二人を助けることに決めた。

 

 

二人はどうやら浅草に行きたかったらしく、メモを見せてくれた。

そのメモには、

 

Shinjuku

|    Yamanote Line

Ueno

|    Ginza Line

Asakusa

 

と、書いてあった。きっと、ホテルの人に教わったんだろう。

たしか浅草に行くには、地下鉄の乗り継ぎでも行ける。でも、このメモの通りにした方が混乱しないかもしれない、と思い「こっちじゃなくてJRに行った方が良い」と伝えようとした。

 

いや待て、この迷宮で、あっちだよと言ってたどりつけるものか?

 

 

そのとき特に急いでいなかったこともあり、ふたりをJRのほうまで連れて行くことにした。

 

そのときの二人の顔、忘れられない。きっと「ああ、よかったね」「やっぱり、きいてみるもんだな」って、言ってたかも。安心した、ほっとした、って顔だった。

 

JRのほうの券売機まで連れて行って、指さして「ヤマノテライン!あれ!200えん!」って言ったけど、アイキャント的なことを言われたので、

 

切符も一緒に買った。

 

表示をとりあえずイングリッシュ表示にして、切符200円、大人二人ボタンを押して、無事切符を買うことができた。

 

今思えば、今後の為にやり方を伝授すればよかったな、って思う。

そして今思えばパート2、JR上野駅から地下鉄のほうにいくのも結構迷宮だから、やっぱり地下鉄の行き方を教えた方が良かったな。

 

でも、ほんとうに安心した顔でサンキュー!と言われたのを、忘れられない。

ヒーローって、こういう気持ちなんだな。いいな~。

 

 

ふたりがぶじに浅草観光できていますように。祈る。

 

 

日本ってマジでみどころがたくさんあって、東京小さいといっても観光地は点在してるし、海外から観光に来る人は大変だろうな・・・と思った。

電車もたくさんあってめちゃくちゃだしね。

 

だからこそ、現地民パワーでたすけてあげよ、って思った。来る東京オリンピックに備えて。すこしは英語勉強しよう。

そして、 

 

町中にとべ、Wi-fi